<< 郡上八幡2 高雄歌舞伎 第二幕「絵本太功記 十段目 尼ヶ崎閑居の場」 | main | 瀬戸内国際芸術祭2013 〜 高松港編 >>
2011.10.22 Saturday

郡上八幡3 高雄歌舞伎 第三幕「恋飛脚大和往来 封印切」

0
    だいぶ間があいてしまいましたが、せっかくなので第三幕もご紹介。
    第三幕「恋飛脚大和往来 封印切」
    飛脚問屋亀屋の養子忠兵衛は、大阪新町槌屋の遊女梅川と深く馴染み、女房にしようと身請けの手付金五十両を支払った。しかし、残金の期日は今日に迫っていたが、残金の支払いのめどが立っていなかった。
    一方、同じく梅川に思いを寄せていた八右衛門は、二百五十両を持参してまさに梅川を身請けしようとしていた。
    そして、忠兵衛はついにお屋敷に届けなくてはいけない公金三百両の封印を切って、梅川を身請けしてしまう。

    IMGP7954 IMGP7957
    舞台は槌屋の主人と女将が、梅川の身請けについて相談する場面から始まる。

    IMGP7988
    梅川はこんな感じ。

    IMGP7962
    八右衛門登場。表情に八右衛門のキャラクターが表れています。

    IMGP7964 IMGP7983
    八右衛門が忠兵衛の悪口を言いまくる。とにかく八右衛門はうまかった。凄い脇役。

    IMGP7994 IMGP7998
    忠兵衛が見得を切る場面。さすが二枚目!

    IMGP8011 IMGP8014
    封印を切ってしまった忠兵衛は、一刻も早く出ようとする(左)
    ついに梅川に真相を打ち明ける場面(右)

    IMGP8020 IMGP8023
    梅川と忠兵衛は別々に槌屋を後にする。

    この後、二人は忠兵衛の故郷である大和へ逃げます。
    しかし、忠兵衛は結局死罪となったそうです。
    また、忠兵衛の死後、梅川は京都で遊女として人気を博し、晩年には尼となり、忠兵衛の菩提を弔ったそうです。

    # 各写真はクリックすると大きな写真が観られます。
    # その他の写真は↓のリンクをクリックすると観られます。
    http://www.flickr.com/photos/takasmile/sets/72157627816792648/detail/

    JUGEMテーマ:歌舞伎
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM