<< 郡上八幡3 高雄歌舞伎 第三幕「恋飛脚大和往来 封印切」 | main | 瀬戸内国際芸術祭2013 〜 伊吹島編 >>
2013.08.16 Friday

瀬戸内国際芸術祭2013 〜 高松港編

0
    8/10〜13に瀬戸内国際芸術祭2013を観てきました。
    今回からエリア別に観てきた作品をご紹介。初回は高松港編
    ※写真をクリックすると、大きな写真を観ることができます。
    142 Liminal Air -core- 大巻伸嗣
    高松港に到着すると、まず目に入るのがカラフルな2本の柱。
    "liminal"は閾値や入口に関連する意味のある言葉。まさに入口。
    142 Liminal Air -core- by Shinji Ohmaki
    別の日に高松港の歩行者用通路から観ると、実はこの位置が絶妙なことがわかった。
    ちょうどフェリーが回頭する場所。まさに入口、ゲートというイメージ。
    142 Liminal Air -core- by Shinji Ohmaki

    143 潮流の中の島々 / 不確かな風向(備讃瀬戸) 磯辺行久
    高松港ターミナルビルの中に展示されているのがこの作品。
    まずは「潮流の中の島々」
    瀬戸内海の潮流の変化をパイプの水の流れで表現しています。
    瀬戸内海の潮の流れって本当に複雑なんだなということがよくわかる。
    143 Islands in the Tidal Current by Yukihisa Isobe
    そして「不確かな風向」
    風向きを表す矢印が入り乱れています。
    それぞれの矢印が魚に見えるのは気のせいじゃないですよね?
    143 Islands in the Tidal Current by Yukihisa Isobe

    145 I'm here. ここにいるよ。 谷山恭子
    高松港から少し離れた市民プールに展示されている作品。
    市民プールの営業時間中は撮影できない&入場料が必要なので、夕方の閉園後に訪問。
    島の稜線を表すカラフルなポールや底に描かれた海の生き物たち。
    145 I am here! by Kyoko Taniyama
    作品ももちろんですが、夕暮れの人気のないプールは素敵でした。
    145 I am here! by Kyoko Taniyama

    148 アラーキー列車 荒木経惟
    最後に紹介するのはアラーキー列車。
    登録されているエリアは高松港ですが、普通に運行されています。
    私も観音寺駅で観ました。極彩色のおどろおどろしい列車。
    148 Araki Train by Nobuyoshi Araki

    高松港エリアの他の写真はこちらをチェック!
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM