<< 瀬戸内国際芸術祭2013 〜 直島の美術館編 | main | 瀬戸内国際芸術祭2013 〜 おまけ&まとめ編 >>
2013.08.30 Friday

瀬戸内国際芸術祭2013 〜 直島の家プロジェクト編

0
    瀬戸内国際芸術祭2013の旅。今回は直島の家プロジェクトなどをご紹介。
    ベネッセハウス周辺の美術館を巡った後は本村(ほんむら)の家プロジェクトに。

    003 ANDO MUSEUM 安藤忠雄
    残念ながら内部撮影禁止なので外観のみ。
    外観は普通の古民家だけど、中身は安藤忠雄さんらしいコンクリート建築。
    直島で手がけてきた建物の構想スケッチから建設過程までが展示されています。
    そして一番奥には興味深い部屋が。
    部屋に一歩足を踏み入れた瞬間に空間識が影響を受けて、軽い目眩が。これは面白い。
    003 ANDO MUSEUM by Tadao Ando

    009 家プロジェクト「はいしゃ」舌上夢 ボッコン覗 大竹伸朗
    こちらも内部撮影禁止なので外観のみ。
    大竹伸朗さんらしいゴチャゴチャ感の詰まった独特な空間でした。
    外観にもその特徴が現れてるよね。
    どうやって構想を練っているんだろう?考えるのではなく感じるのか?
    009 Art House Project Haisha・Dreaming Tongue/Bokkon-Nozoki 2006 by Shinro Ohtake

    007 家プロジェクト「碁会所」 須田悦弘
    こちらも内部撮影禁止なので外観のみ。
    素敵なお庭と和室。和室には椿の花が散りばめられていました。
    きれいなお花だなあと思ったら、実は椿の花は全部木彫。
    部屋の入口に渡してあった竹の棒も木彫でした。
    スタッフの方に教えられるまで全く気づきませんでした。すごすぎる。
    007 Art House Project Gokaisyo by Yoshihiro Suda

    010 三分一博志建築構想展―The Naoshima Plan 三分一博志
    旧診療所で行われた、太陽・風・水などの流れと、地形を組み合わせた建築構想の展示。
    そして、別会場では建築構想の実証試験モックアップ「風と水のコクピット」の展示が。
    ハンドルを回すと家が回転し、ポンプを動かすと風が通って涼しくなるデザイン。
    実際のところは…あまり涼しさを実感できなかったかな。場所によってばらつきがある感じ。

    006 家プロジェクト「南寺」バックサイド・オブ・ザ・ムーン ジェームズ・タレル
    こちらも内部撮影禁止…というか撮影のしようもないので写真なしです。
    まさに暗闇の中の光という感じ。この感覚は体験しないとわかりません。
    ちなみに、家プロジェクトの作品群は、瀬戸内国際芸術祭会期以外でも見られます。

    番外編 ちょっとしたところにアートがいっぱい
    本村はこれらの作品以外にも、アートがいろいろありました。
    例えば素敵なのれんだったり…
    Street art in Honmura #1
    のれんと彫刻だったり…
    Street art in Honmura #2
    壁だったり…
    Street art in Honmura #3
    空き缶だったり…
    Street art in Honmura #4
    そもそも役場自体がおしゃれだったりするし…
    Naoshima Town Hall

    本村を見たあとは、宮之浦港周辺の作品を。

    001 直島銭湯「I♥湯」 大竹伸朗
    こちらは実際に使われている銭湯。
    どこかで見た雰囲気だと思った方…するどい!
    上の家プロジェクト「はいしゃ」と同じ作家さん。やっぱりごちゃごちゃ。
    混雑していた中に入らなかったけど…内部もすごいのかなあ。

    001 Naoshima Bath - I♥湯 by Shinro Ohtake

    002 宮浦ギャラリー六区 緑川洋一展 西沢大良/緑川洋一
    旧パチンコパーラー999の建物を活用したギャラリー。
    中には1940〜50年代の瀬戸内海の生活を本当に生々しく捉えた写真展。
    強いメッセージを感じる展示でした。
    そういった島々の歴史が、古くからこの地にあったパチンコ店の中にあるのも面白い。
    パチンコ店の中に歴史が閉じ込められて、生き続けている感じ。
    002 Miyanoura Gallery 6 - Exhibition of Yoichi Midorikawa

    さて、長かった直島編もここまで。
    ここに掲載していない写真や、より大きなサイズの写真はこちら↓で見られます。

    そういえば、まだ書いていないことがあるので、あとでおまけ編でも書こうかな。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM